充実したライフプランを実現するために

ライフプランや人生の目標を達成するする時にはどうしてもお金が必要になりますよね?
ただお金の管理や資金の計画はなかなか素人では難しいものがあります。
なぜかと言うとお金は税制とだったり各金融機関の情報や使い方だったり、また保険についての知識だったり、
資産をどうやって運用すれば増えるのかといったお金に関する幅広い知識が必要になるからです。
そういった金融的な知識を多角的な視点で考えて顧客にライフプランを実現させる方法を教えてくれるのがファイナンシャルプランナーでありファイナンシャルプランニングといいます。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットその1:ライフプランに必要な保険

ファイナンシャルプランナーに相談することで得られる一つ目のメリットは自分に本当にあった保険に加入できること。世の中には様々な保険がありまたその人人ごとに家計の状況は変わっていきます。だからこそ自分に本当にあったお金を見つけることがとても難しいです。そこで保険について詳しい知識を持ったファイナンシャルプランナーに相談することで自分に最適な保険を教えてもらいます。
保険商品を選択する際にポイントは家族構成であったり将来的なライフプランとなります。顧客が独身なのか配偶者がいるのか子供は何人いるのか、ご両親はご存命なのかなどなどその人々の家計の状況を照らし合わせて的確な保険を教えてくれます。

 

ライフプランも同じで、将来海外に移住したいのかどのようなマイホームを建てたいのかどのような職種についてどのくらい稼いでいきたいのかなどなどその人の希望に沿った保険を教えてくれます。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットその2:ライフプランにいらない保険

不必要な保険から抜け出せるということがメリットとしてあります。
これは現在加入している保険が自分に本当に合っているのか、また今後の将来においてこの保険は本当に必要なものになってくるのか?そういったライフステージの変化も予期して必要な保険を教えてくれます。
なぜ保険を定期的に見直す必要があるかと言うと、人生において様々な大きなイベントが今後を予想できるからです。それは精神的にも金額的にも大きなものになることが多いです。

 

結婚配偶者ができることにより配偶者のサポートや保障内容が必要になってくる。
出産子供が生まれることで子どものための保証内容が必要になってくる。
老後の資金準備老後になると病気や怪我また必要であれば老人ホームに入居することもあります。

 

老後のために生活費はどのくらい必要なのかまた老後に備えた資金運用はどうすればいいのかといったことを色々と考えて保険の保障を変更したりオプションを追加したりすることもできます。
ライフステージの変化に即したアドバイスライフステージや年齢によって今後の人生は大きな変化を見せます。
それによって保険内容を変更したいならシャルプランナーがシュミレーションすることで、顧客にあった本当の保険が見つかってきます。だからライフステージが変わるなとよけんできればその度にファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。ファイナンシャルプランナーに相談するメリットその3保険の手続きをスムーズに進められる。保険てどうやって加入すればいいのかまたどういう風な手続きをすればいいのかと言ったことは一見しただけでは分かりませんよね。
このような複雑な保険もファイナンシャルプランナーがいることでスムーズに手続きを進めることができます。
スムーズに進めることができれば、不手際やトラブルなども回避できるので保険の手続きがスムーズに進められることはとても有益なものになります。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットその4:ライフプランにかかわるお金の勉強削減

お金に関わる色々な事を相談できる。今回は保険に絞って話ししましたが、ファイナンシャルプランナーは教育費や住宅ローン年金、介護、税制度、などなどお金に関わる様々なことを教えてくれます。だから何かお金に不安があったり相談したいことがあったらまず気軽に話してみることをお勧めします。
大切なことは情報ではないエグサイトを見ればお金に関する情報はたくさんありますよね。

 

そこで信頼できる情報なのか嘘なのかといったことを見極めるとはなかなか難しいものです。また説明する際は一般的な家庭の状況で説明することが多いですが私たちにとっては重要なのは『私たち自身の家計』です。他の人の家計の話をされても困りますよね。
我が家はどのくらい教育にお金をかけてあのくらいの給料があって相撲はどんなところでと言った各々の状況に照らし合わせて考えることが重要になってきます。この時に必要なことは情報を収集することももちろんですが自分たちの家計についてしっかりと考えることです。ただこういったことを考えると一人ではなかなか難しいものがあります。だからこそ金のプロフェッショナルに相談して一緒になって今後の豊かな人生について考えてもらうことが大事です。

 

ライフプランは誰でも悩みやすい

お金について漠然とした不安や悩み等を感じるのは仕方のないことです。
ただそういった不安は問題を正しく認識していないため怒っています。
問題を正しく認識していればどのようなことが必要なのかどのようなアクションをすればいいのかと言ったことが分かってきます。これが分かっていないとただ暗闇の中を松明もなく進んでいるような状況なので周りが見えずとても不安になってきます。

 

またファイナンシャルプランナーに相談することで自分が想像していなかった問題もわかることがあります。ファイナンシャルプランナーという第三者を置くことでそういった問題が整理されたり冷静に判断できたりライフプランニングについて改めて見直しをする機会になったりすることがあります。そういった意味でファイナンシャルプランナーの相談はコンサルティングでもあり時にカウンセリングに近いこともあります。ただお金について詳しく教えてくれる人は身近にはいません。だから親身になって相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーを一人でも空けておくことが今後の人生において重要な道しるべになります。

 

『東大式FP』の無料相談がいい!

そこで私は【 クロス・デジタル・イノベーション社】が提携している
『東大式FP』を押します!
将来の生活設計や資金計画、保険の加入状況などをヒヤリング。一人ひとりにぴったりのライフプランを無料で面談してくれます。

 

ここは全国各地でセミナーもやっていて顧客満足度は95%以上なんです!
様々な人から支持されているFPです!
現在は無料相談もやっています!
『お金についてモヤっとしている気持ち』があれば無料相談ですっきりさせて、
より良い人生計画を立てることを強くオススメします!
下記ボタンリンクより申込ができます。(さらに現在はハーゲンダッツギフト券がついてくるキャンペーンを実施中です)

 

 

退職金の活用

退職金は、会社員生活の最後にもらえる、大きなプレゼントです。住宅ローンの残債がある場合、この退職金で返済を考える人も多いことでしょう。
住み慣れた我が家でも、ローンが終わらなければ、本当の意味での自分の家にはなりません。
退職金は完済する大きなチャンスです。ローンを全額返済し、退職後の新しい生活を新しい気持ちで始めるのもよいかもしれません。
また、移住を考えている人は思い切って住宅を手放すのも一つの方法です。住宅を売って、ローンを返し、残った資金と退職金で、郊外やリゾート地、郷里に移住して生活するということもできるかもしれません。
今の住まいを手放すのもひとつの方法。

定年後の運用

定年退職までに、十分な貯蓄ができた人、定年後も仕事のある人、そんな恵まれた人は、引き続き今までと同じ消費生活を続けそうです。
しかし、一般的に退職後の収入は、一時的に増えることはあっても徐々に減ります。大きく使わず、大きく増やそうとせず、減らさないように、今あるものを守る。そんな姿勢を崩さないように、生活することが大切です。
大きく増やそうとしない。減らさない。

ボランティアに生きる

現役時代は収入と仕事が直結していましたが、定年退職後のボランティアはやりがいを中心に考えることができます。
自分が身に着けた知識や経験を社会に還元し貢献できる。このような機会が得られた人は、退職後も生き生きと充実した生活を送られているようです。
同窓会や地域のボランティア活動、交通安全運動、清掃活動など、貢献できることは数多くあります。知人に誘われてなんとなく始める場合も多いようですが、退職前から関わりを持っている場合が多いようです。
定年退職を意識するようになったら、自分の出来そうなことに少しずつ参加をしていくと良いかもしれません。

人のために生きること。

「リゾート地での生活」
最近定年退職者に人気なのが、リゾート地に別荘を持つ二重生活です。
今までの生活を大切にしながら、時々別荘で過ごす。現役時代には忙しくてできなかった田舎暮らしを、都会での便利な生活を続けながら楽しむ人が増えています。
バブル経済の時代に各地のリゾート地で建てられた中古のリゾートマンションが現在格安で売られています。地域によっては、車と同じくらいの値段で購入することができます。
戸建別荘の場合、庭木などの手入れも大変ですが、リゾートマンションであれば、管理会社が維持管理をしてくれるため、高齢になっても負担が少ないようです。
また、最近では震災の影響もあり、退避場所として準備している人もいるようです。

ライフイベントへの備え

ライフイベントは人生の転換点。生活に大きな変化をもたらし、また自分自身の成長の機会にもなります。そんなライフイベントに備えて、どのような準備をすればよいのか、考えてみましょう。

結婚

結婚式でお互いを知る
古今東西、結婚についての格言は数多くあります。そしてそのどれもが苦いものばかり。つまり、多くの人が結婚にあこがれ、夢見がちであり、だからこそ、戒めばかりが並ぶとも言えるでしょう。
何といってもメインイベントは結婚式と披露宴。これはまた、結婚直前に相手をよく知る最後の大きなチャンスです。二人で力を合わせて一つのイベントを考えていく中、お金の使い方を通して相手のことが良くわかります。
貯金はしてきたか。どんなところにお金を使うか。お互いに観察してみましょう。お金の使い方が大きく違うようであれば、結婚前にお互い良く理解しあえるように話し合うとよいでしょう。経済感覚はそう簡単には変わらないものだからです。
ただ、感覚の違いのある関係が直ちに悪い関係であるとは言えません。お互いが補いあえる関係は、理想的な夫婦関係とも言えます。結婚直前、一番にお互いを思いあうこの時期に、ライフイベントを通じてお互いをよく理解することができれば、順調な結婚生活を始めることができることでしょう。
お金を通して相手を知る。

 

披露宴費用のマジック
誰も教えてくれませんが、結婚披露宴ではお金をかけたほうが、自己負担の減る場合が往々にしてあります。
高級ホテルで大人数のお客様を招いて結婚披露宴を行うと、それなりの費用が発生します。しかし、一方高級ホテルで披露宴を行えば、出席者もお祝いにそれ相応の金額を包みます。中にはそれを見越して、経費を抑えて収支をプラスにしてしまう人もいるそうです。
最近は、費用をかけない自分たちらしさを出したジミ婚も流行っているようですが、そちらのほうがかえって自己負担は多くなる可能性があります。
しかし、これはそれぞれのカップルの考え方。出席者に負担をかけずに行える結婚披露宴は出席者の多くから心よりの祝福が得られることでしょう。もちろん立派な会場で盛大に行う場合も、心のこもった披露宴は感動的なものです。
どちらにしても、人生の門出に後ろ指を指されるような印象は残さないように気をつけるべきでしょう。
与えよさらば与えられん。

 

更新履歴